米沢から福島県郡山へ
 米沢駅から郡山までは 電車で2時間ぐらいでした
d0028334_16144446.jpg

d0028334_1620636.jpg


 駅に着いたら どこでもドアのような 突然ドアがありました。
d0028334_16211650.jpg


 一応 くぐっておいて 

 町は 音楽のまちでした
d0028334_1622836.jpg
d0028334_1622196.jpg
d0028334_16223720.jpg


 四分休符のような 椅子は ちょっと休んでいきなさいよー とゆう意味でしょうが、
  あんまり ゆっくりしたら あかんよーとゆう意味でも ありますのでしょうか?
 四分休符やから。 
 さすがに 座れませんでした。(人通りが多かったんです。俺一人やし)


old shep
d0028334_16261941.jpg


ヘブン同様、とゆうか 全く違った雰囲気ですが、店の中に入るともの凄くいい雰囲気でした。
 レコード沢山あり、かなりマニアックでした。すごく、気分が高揚してしまいました。
 さすが、常さんにお願いして、教えていただいたお店です。マスターの伊藤さんには
d0028334_16292266.jpg


 18時ごろきてくれと言われてたけど、16時前にはついていたので、場所を確認してカラオケBOXに入り、ギターを弾いていました。すぐに、眠たくなってしまって、ねていると、隣の部屋で高校生が何人かで、いろいろな歌を歌っていました。ふいに、大人の階段上るーー♪♪と聞こえてきた。僕は、高校の時、ラグビー部だったが、(もちろん補欠)そのときのキャプテンがよくカラオケに行くと歌っていた曲です。(今、思えば、かなりおっさんくさい高校生だ) 懐かしいなぁとおもいました。
17時半前ぐらいに、oldshepお店の手前の椅子に座っていると、ふと店の前で男の人が立っていた。近づいていくと、良元君?と声をかけてくれた。伊藤さんだ。高橋さんのときも、いつでも思うけど、電話で話している時の印象と、会った時の印象とでは、かなり違う。いい意味である。伊藤さんは、小柄な、凄く優しそうな人だった。
お店にはいる前に、新潟から、ファンのひとがきてくれているよ、とのことでした。
 はじめてみる人で、春一番に必ず来てくれているらしく、しかも、僕の出る日にあわせてくれているらしい。今日も5時間もかけて車できてくれたらしい。世界の快適音楽セレクションのラジオをきいてきてくださったとゆう方もいた。ライブはやる前に 少し緊張していたので、ベトナムのビールを飲みながらやらせてもらいました。こっちの人はかけ声とかないから 気にしないでね。的な事を、教えてくれたけど、温かい雰囲気できいてくれました。僕はよくあることですが、すぐに、ライブ中に満足してしまう事があって、とちゅうで適当になってしまうことがある。まあそれが、今の僕やから仕方がないんやけども。 
 何を言いたいかわからなくなってしまいましたが、とりあえずとても楽しくやりました!とゆう事で、ライブが終わってからみんなで打ち上げをして、いろいろ話した。僕はなぜか興奮してて、かなり饒舌になってしまっていました。みなさんやはり、放射能や原発の話をしていました。 
 水も放射能でやられているので、僕のカップめんのお湯はペットボトルのお水で沸かしてくれていました。人が少なくなり、仕事が少なくなって行く状況のなかで、飲み水までが、、、と思うと、やり切れない気持ちになりますが、みなさん、若い人も、元気に話をしているのが、印象的でした。
デビットブロムバーグやスヌークスイーグリンや友部正人さんや小野一穂さんのcdを
大量に伊藤さんにやいてもらって (10枚ぐらいほかにもやいていただいた) 
 伊藤さんの家でも なぜか、僕の饒舌はとまりませんでした。

  
 
by music_yusaku | 2011-10-15 16:46 | 日記


<< 静岡UHU 富士EN 珈琲HEVEN >>